最高品質のネロリを求めて~チュニジアへの旅

最高品質のネロリを求めて~チュニジアへの旅

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

農家さんがつくる昔ながらのフラワーウォーター

チュニジアの中でも、特にネロリの蒸留が盛んなのが、ボン岬半島にあるナブールという街。

この街では、3月末から4月半ばまで、花を集めて蒸留することが農家さんの恒例行事だそう。

 

チュニスから車で走ること1時間半、至るとこで蒸留が行われていました。

農家さんが個人でおこなう蒸留がとても小規模で、道具も素朴です。

こちの蒸留器は土器製と、手作り感が満載。

一件目のこちらのお宅では、ゼラニウムを蒸留中でした。

IMG_8109 IMG_8112 IMG_8119

こちらは、二軒目。

IMG_8134

ビターオレンジ、ゼラニウム、ローズのフラワーウォーターが並んでいます。

IMG_8124

それぞれ、香りをかがせてもらいながら、お話を伺いました。

この地域ではフラワーウォーターが

  • お菓子にいれたり
  • お腹が痛いときに飲んだり、
  • 化粧水にしたり

と伝統的にさまざま使い方がされてきました。

生活の中で、とても身近な存在なのですね。

IMG_8128

 

私はこちらで、ゼラニウムのフラワーウォーターを買いました。

おそらく、蒸留のはじめのほうで集められたフラワーウォーターだからでしょうか、

とても香りがしっかりとしています。ローズを思わせるフローラルで甘い香り。

一瓶、10ディナール(日本円で約600円)です。

IMG_8147

家に持ち帰って、さっそく化粧水をつくります。

チュニジア国内でも、蒸留されたフラワーウォーターが、道端のいたるところで販売されている珍しい地域。

地中海性気候のナブール周辺やボン岬半島という、お花がたくさん採れる地域ならではの贅沢ですね!

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です