ハーブティーが日常にあるドイツの暮らし

ハーブティーが日常にあるドイツの暮らし

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

ドイツ人とハーブティー

IMG_1473

ドイツでは、風邪をひきそうになったり、お腹の調子が悪かったり、のどが痛かったりするときには、

ハーブティーなどの力を借りて治そうと考えるのは、ごく一般的。

体の不調のみならず、精神的な不調、例えばストレスを解消する目的でも飲まれます。

ハーブの力をかりて、元気な体、リラックスした心を保ちたいですね。

ドイツのハーブティーブランド Bad Heilbrunner

今日ご紹介するのは、ドイツの有名なハーブティメーカのひとつBad Heilbrunner。

バイエルン州南部地域、Bad Heilbrunn(バード・ハイルブロン)という草原が広がる自然豊かな地域に拠点を置き、

40年来、古来からの植物に関する知恵と現代の植物薬学をベースに、質の高いハーブティーを提供してきました。

左から、

  • 頭のストレス解消
  • 心を落ち着かせ、静める (ラベンダー)
  • 活力をやしなう (マテ茶)

など、様々な症状にあわせて配合されたハーブティー。

ところで、写真中央のハーブティーの箱、右下に赤い三角に囲まれた部分にArzneiteeと書かれてるのがご覧いただけるでしょうか?

 これはすなわち、「薬のお茶」の意味。薬のような効き目があるとされています。

Arzneitees (薬のお茶)の種類

他にも、Arzneitees ( 薬のお茶)シリーズには、

  • 快眠
  • 肝臓
  • 腎臓
  • 季節の変わり目に
  • アンチストレス
など症状別に、約30種類もあります。

購入できる場所

これらのお茶は、ドイツ国内のドラックストアーDMやROSSMANで購入可能です。

DM(ディーエム)
ROSSMANN  (ロスマン)

Bad Heilbrunner

http://www.bad-heilbrunner.de/

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

ハーブティーが日常にあるドイツの暮らし” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です