チュニジアのハマメットは海が美しいオレンジの一大産地

チュニジアのハマメットは海が美しいオレンジの一大産地

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

オレンジの花で迎えてくれる街、ハマメット

ナブールへ向かう途中、休憩で立ち寄ったハマメット。

チュニスからわずか1時間のこの街は、美しい海を臨める有数のリゾート地。

ヨーロッパからもたくさんの観光客が来るそうですが、現在は情勢が不安定ということもあり、

旅行客はほとんどいませんでした。

IMG_8055

この街に来て、一番最初に出会ったおじさんは、ビターオレンジの花売りさん。

花に器用に細い棒をさし、束ねて花束をつくっています。

IMG_8052

IMG_8053

IMG_8048

美しい香りのする、なんとも贅沢な花束です。

オレンジジュースを飲んでみましょう

大きな蒸留所見学まで、6時間、さて何をしようかな。

ということで、カフェで休憩することに。

ここハマメットは、実はオレンジの一大産地。

IMG_8299 IMG_8452

この時期、チュニジアのほとんどのカフェで生しぼりのオレンジジュースをいただくことができます。

左がレモンジュース、右がオレンジジュースです。

休憩したあと、少し街を散策しました。

白と青の世界

IMG_8073

白壁と青の配色が美しい街並み。

IMG_8083

魚は守り神なのだそうで、あちらこちらに絵が描かれていました。

IMG_8087

ここにもあるある香水屋さん

歩いていると、いくつか香水を取り扱うお店を見つけました。

IMG_8097

チュニジアには古くから蒸留の歴史があり、フランスの植民地支配の影響もありさらに調香の技術が発達しました。

IMG_8060

100%天然の香料という説明を受けましたが、ご一緒させていただいた調香師の方によると必ずしもそうではないそうです。

これは、相当香りを嗅ぐ訓練をしていないと、簡単にはわからないレベル。

お昼ごはんの時間

お昼ごはんは、テイクアウトできるマグレブを注文。

マグレブとは、唐辛子ベースの辛いペースト、マヨネーズソースをぬった小麦のパンに、

たっぷりの野菜と、お好みでツナやチキンをはさんでいただくサンドイッチみたいな軽食。

さらにお店によっては、卵を焼いてはさんでくれます。

IMG_8105

IMG_8108

長い待ち時間を終え、ようやく蒸留所へ向けて出発です!

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です