今、この瞬間を生きる

今、この瞬間を生きる

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

今、この瞬間に生きることで、心が楽になるのはなぜ?

 

モンキーマインドという言葉を聞いたことがありますか?

猿には一般的に、「あちこちに飛んで回る」というイメージがあります。

 

モンキーマインドというのは、「猿のようにあちこちに飛んで回って落ち着きのないマインド=心」を意味しています。

clock-1008830_640

 

私たちは、「過去―現在―未来」という時間軸の中で生きています。

 

しかし、私たちの体(肉体)が、確かに存在できるのは「現在」という、今この時間だけです。

というのも、肉体は過去に戻ることもできなければ、未来に確実に生きていられるかどうかもわかりません。

 

それにも関わらず、心は時間軸を行ったり来たりしてとてもあわただしいのです。

その様子はまさに猿の動き方。あっちにいって、こっちにきて、さらにあっちにいく。

つまり、心は体とちがって単独で「過去」「現在」「未来」を忙しくいったりきたりしています。

 

例えば、

(過去)「昨日、もっとおしゃれして出かけていれば、ばったり会った彼に素敵な自分を見せれたのにな」

(現在)「今、疲れたからおいしいコーヒを飲みたい」

(未来)「もし、来年会社がつぶれたら、仕事どうしたらいいだろう」

 

というように、「過去」のことを考えたと思ったら、次は「現在」のこと、そしてさらには、

まだ起こっていない「未来」のことを考えたりします。

 

これって実に、息苦しくないでしょうか?

なぜなら、「現在」に加えて「過去」を後悔し、「未来」を心配する。

 

それだけ多くのことを一度に心にのせたら、誰だって辛くなります。

確かなのは、今ここにいる自分だけ

 

しかし、

  • 「過去」はどうしたって、変えることはできない
  • 「未来」はどうしたって、知りえることができない

 

それでも、多くの人は「過去」「未来」を考えることに多くの時間を使います。

 

でも、もしその時間を「現在=今」に集中させてみたらどうでしょう?

 

(現在)「今、疲れたからおいしいコーヒを飲みたい」

 

過去は変えられないし、未来はわかりえない。

しかし「今、疲れたからおいしいコーヒを飲みたい」という感覚だけは確かなものです。

 

そうであるならば、まずは

「今、私は疲れているのでおいしいコーヒを飲む」と決めます。

 

そして、コーヒを飲むときには、「過去」「未来」を考えることを一旦ストップしてみるのです。

coffee-691464_640

 

その時、五感にフォーカスすると、「今この時間」を本当に愉しむことができます。

 

  • コーヒのいい香りをゆっくり嗅ぐ
  • コーヒカップの温かさを触れて感じる
  • アツアツのコーヒから立ち上る湯気をぼーと見てみる

 

そして、「今この時間」にだけ思考を集中することで、忙しくてぐるぐるまわっていた心がゆったりとし始め、

心が落ち着いていきます。

 

常に、なにかに追われている感じがあったり、心が重いと感じている人は、心があちこちに行きすぎて、多くのことを一度に心にのせすぎている可能性があります。

 

今自分が行っていること、動作に集中してみてください。そしてそれを感じてみてください。

 

それが、今、この瞬間を生きることであり、それは人生を「気楽に」「快活に」生きるヒントなのです。

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です