はちみつのパックで乾燥しらずの美しい肌を手にいれよう

はちみつのパックで乾燥しらずの美しい肌を手にいれよう

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

美しい肌のために、はちみつパックを

乾燥は、肌の大敵。

 

美しい肌を守るために、いろいろなアイテムであふれていますが、

 

きめの細かい潤いたっぷりの肌でいるために、とてもシンプルな方法がはちみつパック。

honey-dipper-924732_640

 

はちみつは保湿効果にすぐれていて、乾燥した肌をゆっくりと潤してくれます。

 

私もこの3年ほど、週に2~3回、はちみつパックをしています。

その効果は、絶大で、続けるほどに肌のきめが細かくなっていきます。

 

そのきっかけになった一冊の本、ジリアン・マッキース博士の「オーガニック・ダイエット」。

 

この本の中に、「美しい肌を手にいれるための10のヒント」が書かれています

方法は、とても簡単。

 

はちみつをたっぷり顔にのせて、そのまま30分ほどおいてから温水で洗い流す、これだけ!

 

お風呂にリラックスしてつかっていれば、お風呂あがりにはもちもち肌になっています。

 

マッキース博士は言います。

 

こんな簡単なことで、肌は驚くほど変わる。きめ細やかくなり、やわらかくてみずみずしい肌がよみがえる。

 

water-839590_640

 

使い方

  1. お風呂につかりながら、はちみつをたっぷり手にとります。
  2. 顔全体にはちみつをのばします。このとき、唇にもそのままつけしまいます。(こうすることで、唇までプルプルになります。)
  3. 気分や、肌への効果を考えて、精油をまぜるのもgood(おすすめはラベンダー、ネロリの精油)
  4. 時間がたつにつれて、肌の体温でじわっととけていきます。
  5. はちみつが肌になじみ、トロトロ感なくなり、すっとした水分のようになったら、ぬるめのお湯ですすぎます。
  6. 最後に化粧水とクリームで保湿します。

 

飛行機にのったあとには、特に乾燥するので、レスキーアイテムとして旅先にも持ち歩きます。

乾燥した肌、唇が、はちみつパックのおかげでしっかりと潤いを取り戻します

 

はちみつの種類

はちみつは、色々な種類を使いましたが、クリームほどの固さのものか、すっと垂れてくるような液体状のものが使いやすいと感じました。

 

結晶化してしまったはちみつは、シャリシャリした結晶が肌を痛めてしまうことがあるので、そのままでは使わないようにしています。

 

最初は液体だったのに、固まってしまったという場合は、45度~60度ほどのお湯につけて、ゆっくりかき混ぜれば、1時間ほどでまた元に戻ります。

 

健やかに肌を育てるために、シンプルで効果バツグンのはちみつパック、

ぜひ使ってみてくださいね。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です