アロマセラピー施術用のタオルに|心地いい手触りのUCHINOタオル

アロマセラピー施術用のタオルに|心地いい手触りのUCHINOタオル

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

普段づかいに、少しいいものを使う幸せ

いつからか、普段に使うものだからこそ、すこしだけ背伸びをしても、いいものを使いたいという思いが出始めました。

それは、きっと今まで出会ってきた本や、大好きな人たちの影響。

自分が好きだなと思う人たちがしている生き方を、できるところから真似すれば、いつかそこに行きつくのではないかという

期待がどこかにあるのかもしれません。

 

私にとってのいいものは、=「高い」ものというわけではありません。

それは、綿、麻、ウールなどの天然の素材で作られていて、さらに作り手の息吹を感じられるもの。

さらによくを言えば、天然の素材で染められたものであったら、もううっとり。

 

先日、アロマテラピーの施術用に買い求めた、UCHINOのタオル。

手触りにほれて、白とピンクのバスタオルを選びました。

ピンクの方は、中国の新疆ウィグル自治区の綿を使っているそう。

IMG_4575

世界三大綿の気持ちよさ

タオルの世界も奥が深いなと感じたのは、原料の綿ひとつとっても、栽培される地区によって全然ちがうということ。

少し調べてみると、新疆ウィグル自治区で栽培される綿は「新疆綿」と呼ばれ、なんと「世界三大綿」のひとつ!

ちなみに、他の二つはというと、

  1. エジプトで栽培されるギザ綿(Giza Cotton)
  2. アメリカ南西部で栽培されるスーピマ綿(Supima cotton)

共通するのは、繊維が長く、光沢があり高級品とされており、高級シャツ、高級シーツなどに利用されていること。

では、繊維が長いとなぜいいのでしょう?

それは、肌触りのなんともいえない柔らかさと、持ちのよさにあるそうです。

 

実際に、エジプトのギザ綿のシーツを使っていましたが、一般的なコットンに比べこっくりとして温かさがある肌さわり。

新疆綿のタオルも、柔らかい肌ざわりが心地いいのです。

 

少しばかり値がはりますが、本当に長く使えて、使うほどに味わいがでてきます。

毎日使うものだからこそ、そして肌に触れるものだからこそ、少しだけいいものを。

家に帰ったあとのお風呂あがり、そして眠る時間がきっと癒しと安らぎの時間になることでしょう。

 

実は、UCHINOのオーガニックタオルは、ドイツにあるセレクトショップ「MANUFACTUM」でも取り扱われるほど。

http://www.manufactum.com/home.html
http://www.manufactum.com/home.html

この店のコンセプトは「世界中のいいもの|老舗のクラシックな製品から、デザインや機能性を追求したいものまで」を提供すること。

日本製のタオルが置いてあるのも、驚きましたが、それだけバイヤーの心をつかんだ商品ということでしょう。

お気に入りのタオルに巡り合えますように。

 

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です