ドクターハウシュカを南ドイツに訪ねて(レポート1)

ドクターハウシュカを南ドイツに訪ねて(レポート1)

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

肌の治る力を引きだすコスメ

肌につける瞬間、つけている日中、眠りにつく時間、朝鏡を見る瞬間、

幸せな時間がずっと続く、そんなコスメブランドに出会えたら幸せだと思いませんか?

IMGP8727

ドクターハウシュカの製品は、

ただ肌につけて、肌を美しくするスキンケア

 

というより、

 

肌に働きかけながらも、

心身のバランスを整え、癒し、

肌本来のキレイになろうとする力を引きだしてくれる

 

そんな力があります。

 

一言でいうならば、肌が自分できれいなろうとする力を最大限に引き出す優しいサポーター!!

 

シワが30秒で消える!

たるみが速効改善!

1週間でシミが消える!

 

という宣伝をみては、悲しくなってしまいます。

 

人工合成物質が与えるような

速効性のあるけど、

いづれ肌が自らきれいなろうとする力を奪ってしまう・・・

 

というのは嫌ですよね。

 

長期的にみて、

肌が肌自身の自然治癒力を活かしてキレイになっていくような、

そんなスキンケアをしたい。

 

そんな願いを叶えてくれるのが、

ドクターハウシュカのスキンケア用品なのです。

 

では、どうしてハウシュカのスキンケアは肌の自然治癒力を高めてくれるのでしょう?

そのヒミツを探るため、南ドイツにあるドクターハウシュカを訪ねてきました。

 

ドイツを代表するオーガニックコスメブランド*Dr.ハウシュカ

IMGP8724

ご存知でしたか?

実はドクターハウシュカという会社があるわけでありません。

 

ハウシュカは、自然原料を使用した薬を1935年より製造し続けているWALA社が展開するブランドのひとつ。

WALA社は現在3つのブランドを展開しています。
  1. WALA Medicines
  2. Dr.ハウシュカ化粧品
  3. Dr.ハウシュカMed (敏感肌に傾いた肌状態のために)
 

そうなんです!

ドクターハウシュカのスキンケア用品は、

長年、自然原料を使用した薬を提供してきた会社がつくっているのです。

IMGP8748

豆知識ですが、、、

Dr.ハウシュカというのは、創業者Dr.Hauschka博士の名前に由来しています。

 

ハウシュカ博士は、考えていました。

自然原料を使用した薬を提供することで、多くの人の健康に役立っている。

けれど身体の健康を保つためには、肌の健やかさを保つことは欠かせない。

考えつづけてきた構想が叶ったのは、創業から32年後の1967年、

当時ストックホルムに在住していた美容家エッグヴェルデンとの出会いによるものでした。

IMGP8725

彼女は、独自にスキンケア用品をつくり、その原料となるハーブエキス、チンキなどをWALA社より取り寄せていました。

その縁が、Dr.ハウシュカスキンケア用品を世に送りだす引き金となったのです。

 

前置きが長くなりましたが、、、

ここまで、Dr.ハウシュカの成り立ちや母体であるWALA社について触れてきました。

 

ハウシュカのスキンケア製品がなぜそれほど肌の自然治癒力を高め、健康にしていくのか?

その答えのひとつが、母体であるWALA社にあったのですね。

IMGP8747

つまり、元々は体の病気を治すために、

様々な自然の原料(ハーブ、根、花などからとれる有効成分)を栽培し、研究し、

それを薬として提供してきた実績があった企業が、

 

その研究をスキンケアに応用したのです。

 

では、それらの自然の原料はどこから来るのでしょうか?

 

実は、、、

WALA社で自家栽培しているんです!

それも特殊な方法で。

IMGP8744

次のレポートでは、WALA社の薬の原料の宝箱、

ハーブガーデンについてお届けします。

 

お楽しみに!

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

One thought on “ドクターハウシュカを南ドイツに訪ねて(レポート1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です