ドイツのステキなところ|本をみんなで分かち合う

ドイツのステキなところ|本をみんなで分かち合う

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

すっかり秋らしくなったドイツ。
今日は一つ、ドイツのステキなところをお話したいなと思います。

きれいな夕暮れ空を眺めながら帰宅すると、アパートの入り口にある郵便受けの上に絵本が並べてありました。

もう自分が読まなくなった本を、ほかの誰かにどうぞというように、郵便受けの上には、色々な本が並べられては、誰かが持っていき、また誰かが持ってきた新しい本たちがそっと並べられています。

ドイツの素敵な習慣

ドイツの小さな街には、そういったもう読まなくなったけれど、捨てるにはもったいない、
「もしよければ読んでくださいね」というように、本を収納する小さな本棚が置かれています。

子供からお年寄りまで、本を持ち寄っては、本を持ち帰る、そんな風にしてみんなで大切な何かを
共有しているような、優しい気持ちになります。

今日、ふと懐かしく、思わず持ち帰ってきた絵本。
手のひらより小さな絵本をひらくと、いもむしさんがちょうちょになったページだけが少し破れかけていました。

きっと、このページが大好きでたくさん読んだのだろうなとか、
きっと、もうこの子は大きくなって、絵本がいらなくなったんだろうなとか、
そんな風に思いを巡らせます。

秋の夜長に、小さな頃によく読んだ絵本を久しぶりにのんびりひらく。
こんなひと時をくださってありがとう。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0

ドイツのステキなところ|本をみんなで分かち合う” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。先日はコメントありがとうございました。私の方からもお邪魔しま~す♪

    美しい写真満載の魅力的なブログですね☆

    本をみなで大切に扱う習慣、とっても素敵です!
    大人から子供たちまで、皆で本を愛し、読書タイムを満喫していけるそんな環境って、とても貴重ですよね

  2. ご訪問くださってありがとうございます。本が手の届くところにあるのは本当に恵まれた素敵な環境ですよね。最近の記事読ませていただきました。モミの木のクッキー型がかわいすぎて!!クリスマスまでの時間がより楽しくなりそうですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です